心・身体・宇宙 その三位がつながるとき、あなたのボディに答えはある

ドラゴン・・・いったい何のこと? ドラゴンてあのドラゴン?

ドラゴンに真面目に向き合う人・・・・そういなかったかと思います。
しかし今では、だいぶ隠れドラゴンファン?も多くなってきました!!

でも確かに、アニメやゲームでとらえているドラゴンとは少し違います。
動物的な捉え方ではなく、エネルギーといった方がいいかもしれません。

龍族は私たちに実は身近で、すばらしいエネルギーをもたらしてくれる
という存在なのです! 今、目には見えませんが・・・

まずは、そんな世界を覗いてみてください。




ここでは、大きく二つの見方をお伝えします。

龍のお話は、深すぎてとても語りきれないほどなのです。


ドラゴンと地球人類の歴史という捉え方

「ドラゴンと地球ものがたり」というドラデミーより発行している
無料ダウンロードで読める冊子をご覧頂くと少し詳しく分かります。
よろしかったらこちらからどうぞ。

http://drademy.com/page5.html

そもそもドラゴン、龍族は地球に人類より先に存在していて、人類の創生に
大きく貢献してきたという、想像を超えていく物語です。
しかし人類は万物の霊長として、他を支配する形で文明社会を築いてきました。
そこで、いくつもの派動の高い生命体が同じ世界で生きていけなくなり、
ちがうレイヤー・・・他の階層に移っていったのです。

西洋の恐ろしい伝説などにはその意味があり、又東洋、日本における龍族の
捉え方も、独特の考えがあり非情におもしろいものです。これを研究して
いらっしゃる学者の方もいらっしゃるほどです。

また、地球に龍の国、または龍を受け入れている国があることもおもしろいです。

ブータンやニュジーランドなど、また先住民族と呼ばれる人々の世界でも。

こういったお話が公になり始めているという事実があります。
まだまだアカデミックな承認は得られないとしても、これからの地球の変化を
示唆しているように伺えます。

そんなことを背景に、私自身は子どもの頃からドラゴンに惹かれていました。
でも、ちゃんと・・・表明し始めたのは、2012年からです。ずいぶん後発!
しかも、そんな時が来るとは思っていませんでした。

表に現した時の印象で驚いた事は、以外とドラゴンに惹かれていた方、知っている方などが
多かったことです。また、え?と思いながらも、なぜか興味があるという方々も。

こんな変人は私だけと思っていたのですが・・・もしかしたら普通になる世界が
もうすぐ来るかもしれません!


ドラゴンをエネルギー体として自分とシンクロさせる捉え方

ますます怪しいキーワードが登場していますが・・・

ドラゴンは今地球上で見ることができません。でも見えないものを全て否定
していたら、私たちは一瞬も生きていられません。

ほぼ見えないものに助けられて生きていますから!!
空気?電気?音?光の腺?バイブレーション?心?愛?などなど・・・

エネルギーの全ては固体化していません。でも見えなくても確実に私たちの
役に立ってくれていて、使えるものですね。

その認識を、地球から少し宇宙に広げた時、そこにもたくさんのエネルギーが
うずまいているのです!!ここも共有できるゾーンなのです!

そこで、私たちと深い関連のある龍族というエネルギー体に焦点をあててみます。

みなさんの中心にエネルギーが突き抜けていく回路があります。想像してみてください。
そこに自分の持てる中でも最良のエネルギーが通るとしたら?
私たちの世界で縛られている肉体、感情などを越えて、自分の最高峰のエネルギーが
あなたが意識することで、現実に力を貸してくれるとしたら・・・

それは、他人ではなく、わけの分からない所からのものでもなく、あなた自身の
エネルギーなのです。あなたが自分の意思で動かせるエネルギーなのです。

物理学の世界でも、人間の意識がものを振動させるという量子物理の証明がされています。
あなたの意識、意図したことを、自分の最良のエネルギーを龍として、動かしてみるのです。

これは、自分実験で確かめる事が一番です。興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。





これからの地球は今までとは違います。

地球社会でしっかりと現実を生きながら、愛、喜び、の中で生きていける世界が
現われて来る時代になっています。

それは、今までの世界と共に、何層にもなって地球に現われて来るのです。

どこを選ぶのかは自由!というところもとってもおもしろい時代だと思います。

こんな世界に興味を持たれ、自分で輝くように実験してみたい方、また自分の魂の龍を
知りたいと思う方は、ブログメルマガでまずは楽しんでいただけたらと思います。




Copyright© 2013 Tatsumi Yumi Style All rights reserved.